<   2006年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

◇失態◇

とうとう私にもそんな時がきてしまった。
採血副作用。

先日最後の有給にて出発前の献血へ。2週間ほどかかり血液検査結果がくるためだ。
現在成分献血は予約がないと(16 febbraio 2006 日記参照)無理の為、すこし余裕をもって初めての場所"アスティ献血ルーム"へ行ってみた。
成分献血は、1日各血液5人で締め切りとのこと。
献血するのに締め切られるんですかい。ほんと北海道の献血率が高いことがわかるくらい、5分に1人くらいの割合で献血ルームへ人がくる。自分は貧血になるのをさけるため成分にしているのだが、血漿で40分くらい、血小板で約1時間もかかるんですよ!なのにみんなしにくるんだ。。。
1/3はすぐできないため帰り、更に1/3は結果、何かの異常、不足でできず。
そんな中私は検診では絶好調な結果。是非とものお願いに血小板を選んだ。

さてさて、喉がかわいたのでジュースを飲んで水分を補給してと考えていた矢先に呼ばれてしまったため採血室へ。まあいいか、飲み物もらえるから。
とんでもない勘違いだった。
ここの献血ルームはとにかくサービスが少ない。しまった。このままではストレスがたまってしまう。至れり尽せりの"殿様ダイビング"になれたときに「フィンを自分で外せないのか!」とイントラに水面で言われたのを思い出すかのように、どこも同じサービスとは限らないということが脳裏をよぎる。

なんだかんだ時間を過ごし40分くらい経った頃だろうか。例えると一気に10階まで駆け上った脳のクラクラと酸欠、そして嵐の船での止らないあの揺れで気持ち悪くなったとき症状が一気におきた。貧血より時間をかけて気が遠くなる。
看護士を呼ぶことすらできない。

ビーーーー!私の血圧低下のブザーが鳴り響いた。
その瞬間椅子が倒され、足を高くされ頭には冷たいタオルが。

VVR(Vasovagal Reaction)血管迷走神経反応

全くもってじぶんがそんなちっちゃなことでなってしまうとは
実は4時間しか寝ていなく、直前に針がいつもより痛いなあ・・・早く終わってジュースが飲みたいと終わることをとても望んでいた時だった。丁度採血が終わって血が戻ってくるところだったのでそのまま戻したまま休息。が!一気に血圧が落ちたために次の試練が待っていた。血小板献血の場合クエン酸濃度が高いため両手に異常な痺れが!

クエン酸中毒(クエン酸反応)

たまらない!
そのときの血圧は上が50をきっていた。全く自由の利かない体に驚く。通常の人は5分ほどで戻るのだそうだが、相当私は具合悪いのを我慢したらしい。そして目の前にクエン酸反応の治療として、特にカルシウムが多く含まれている飲み物が置かれた。しかし、5分後にはなぜかアクエリアスにかわっていた。
30分も休息したらすっかりよくなって、椅子を元に戻された時にアクエリアスを一気していたら看護士に怒られてしまった。
「一気に飲むと酸欠になるでしょう!」
すみません。

クドクドと脱水症状だったことと睡眠不足を注意される。まあ、かろうじて使用可能なほど採血できただけでもいいか。ホント健康でなけれなできない献血と、ダイビングと痛感したのであった。

海外に行くので、一体次はいつできるのかとても心配だ。
[PR]

by oltremare | 2006-03-31 20:07 | - Allora, andiamo!  

◇カプリ島滞在先決定◇

ホッ・・・
なんとか催促して返事がきました。
1週間滞在決定しました。
表向きはホームステイ。食事も2食確保できるなら何も心配ない。
このために無理して誕生日前に島へ渡る計画は格闘でした。
僻地からの移動や、フェリーの時間等この遠い場所で決断しなければならない。

ぜんぜん気ままではないじゃないのでは?って感じ。
行ってから自分が気ままだわと一人感じれれば満足なんです。

女一人旅なので、とにかく事前に交通手段と宿泊先は確保をして安全を買わねばならない。
GWカプリ島にいる方、暇そうに一人歩きしている日本人を見つけたらそれは私です。わかりやすく言うと、朝アナカプリから徒歩でグロッタに向っている日本人、それ私です。
[PR]

by oltremare | 2006-03-28 22:27 | - Allora, andiamo!  

++とうとう++

只今無理矢理有給消化中。
3連休というのに何もしなかった。
しいて言うと、シャンプーを買いに行って洗濯をちょっとしただけ。

今日は猫と留守番の為でられないというのもあるが、窓を開けて・・・
と思ったら外は晴れているが恐ろしいほどの靄。
黄砂がまいまくってる。
部屋の空気をせめて入れ替えしたいのに恐ろしくてできない。
猫がベットを占領してるのでベットの日干しもできない。
何かと理由をつけて動きたくないとも言う。。。。

あと1週間で会社ともおさらば。
会社にはさらさら未練はない。
でも仲の良い女の子と会えなくなるなと思うとつい寂しくなってしまう。
なんとなく先のことは不安だが、辞めてから行動しようか。
[PR]

by oltremare | 2006-03-27 00:49 | - にゅーす!  

◇新調しようか・・・◇

f0000644_131258.jpgいつも旅行に行くからと言って特別に新しく物を買うということは少ない。
今回はとにかくそろえることが多い。
退職することもあり、あまり出費をしていられない。
と、いいつつ欲しいものは尽きない。

去年ダイビング機材もしっかり入るほどの大きいスーツケースを購入。自分が余裕で入る程の大きさ。10日間くらいで6.5kg。
そして、連れである子もなんと以前より欲しいと言っていたドイツ製の"RIMOWA Salsa Plus Trolley"という超軽量スーツケーを購入。サイズは7日間くらいで、容量が82Lだったろうか?なのに重量がたったの3.8kg。身長が146センチしかない彼女にとっては願ってもないスーツケースだったに違いない。軽くていいなあと思っが、ダイビング機材を入れるには、このファスナータイプはむかない。機材だけでも軽く15キロほどになるので、洋服なんて入れたその日にはファスナーがはちきれるかも。

現在家にはスーツケースだけでも4キロちょっとある3~5日くらいのものがあって、それを使おうかどうか悩んでいた。
それはすべて機内持込したいという思いから だった。
ロストバゲージ の悩みもまあ・・・あるのだが、なにせ南方面の道は坂道と石畳と階段に阻まれることが間違えない。ソフトタイプのものでもと思ったが、なにせ私はよくスーツケースを倒す、落とす、ぶつける。中身の保障は毎回ない。だから重くてもハードタイプで苦しんできた。しかし、今回は食べ物と少々の洋服だけ♪サイズより重さのほうが重視。この"RIMOWA Salsa Plus Trolley"は日本でもあまり出回っていないようで、近所にはJTBの旅行洋品店しか扱っていない。だからとても小さいとはいえ、少々お高いのだ。
サイズ:52×40×19.5cm、重量2.8kg 容量35L の最小サイズで、¥39,000。ううううううう。ほ、欲しい気がする。いや、欲しい

先日、増えたスーツケースを1つ捨てたばかりだというのに新しいものへの欲はつきない。
[PR]

by oltremare | 2006-03-25 21:28 | - Allora, andiamo!  

◇戦利品を4つ目確保◇

f0000644_1331328.jpgとうとう航空券が到着しました。
ん?ずいぶんと薄くないか?
持った手触りが、6枚のわりには薄い気がした。
いや、確かにページが1と6しかついてない。
ふとよぎった。ここ最近のキャセイはE-チケット制。前回は、逆に「E-チケットでないんですか?」と聞いたような記憶がある。

あ・・・。
"E‐TKT PASSENGER ITINERARY"の文字が。

メールでくるHTMLを印刷したものがE‐チケットなのだと思っていたので、ヒヤヒヤした。
初めてE-チケットを利用したのが、UAのマイレージを使用して初めてちゃんと乗ったビジネスクラス。
「こんな印刷した紙でホントに乗れるんだろうか?」と心配したもんだ。
初のビジネスクラス搭乗は、オーバーブッキングでNHのビジネスクラスに、超軽装だったため恥ずかしかったことがある。しかし、デザートのケーキで、悩んでいると客室乗務員が「全部食べますか!?」に「是非とも♪」と言って6個食べた庶民でした。
しかし味を占めたからにはいつかまた、このおこぼれにありつきたいと願うのであった。

とうとうイタリアに行くんだ・・・と一人さらに実感を深めたのであった。
[PR]

by oltremare | 2006-03-25 01:32 | - Allora, andiamo!  

◇何故か・・・◇

ホテルへした質問が通じなかったのか、気に入らなかったのか返答が来ない。
厳選して少しでも安くその地独特のホテルを選んだ為変更をしたくない。
どのくらいで催促をしたらいいものか・・・

言葉が通じないので少しでも不安を減らそうとした行為が、相手にとってわずらわしいものだったのかもしれないと思うと気に病んで仕方がない。ほとんどを国鉄、私鉄で間に合わせようと思っていたがプルマンでの移動を余儀なくされてしまうことが不安だった。
気ままな一人旅、ハプニングも後の祭りと受け止めてしまえばいいのだが。
日曜とメーデーという日が、交通機関がかなり減便されてしまうということが気がかりでならない。

来週になってもこなかったから、ご迷惑をおかけしましたが・・・とメールをしてみよう。。。
[PR]

by oltremare | 2006-03-24 22:33 | - Allora, andiamo!  

◇今回もお世話になります◇

昨年の北京への旅より、このサイトがとても私の見方である。
"英語サンプル:海外旅行と日常英会話に便利な文例"

なぜなら英語は読む方が更に苦手なんです!!
そうは言っても話すのもめちゃくちゃな英語ですが…
ホテルの予約なんて涙か出るほど助かる。
追伸が必要であればもう一体どれくらいの時間をかけて書いてるんだと。
しかも只今煙草がきれていて買いに行くのが面倒なので更にイライラ。
翻訳ソフトって正しい日本語でないと凄い訳ですわ。。。
正しい日本語。なんて難しいのでしょう。
私には絶対に日本語教えることなんでできないと思う。

ホントに通じてるかどうかは不明だが、今のところキャッチボールはできている。
時々イタリア語が混ざって返ってこないことを祈る。
[PR]

by oltremare | 2006-03-20 22:34 | - Allora, andiamo!  

◇ロストバゲージの恐怖◇

いつもながらこれは毎回ドキドキする。
「いつかきっと・・・。」
そう、初めての一人旅の時ロストバゲージならぬアーリーバゲージで泣いた事がある。
宿泊地を減らすために、シアトル経由でワシントンに入るときワシントンでの宿泊を避けるため、すぐ乗り継げる便ではなくシアトルを深夜出発の便を予約した事がある。乗り継ぎのため、早くにチェックインが可能だったので入国後すぐに済ませた。
これが悪夢の始まりとなるとは。
私は身軽になって、シアトル市内へ観光。始めてのUSA一人旅を満喫 シアトルって北海道に似てるかも~なんて悠長なことをいい、夕方には空港へ戻りインターネットカフェにて友達と連絡を取り合う。まだこのときはフリーメールが日本になくてUSAYahoo!に登録したっけ。

そして私はワシントンDCへと向かった。
そこから更に、ウェストバージニア州にある空港へと乗換。
空港内のスタバで激甘のマーマレードクロワッサンとなぜかココアのミドルサイズで朝食。呑気にココアを持ちながら搭乗。機内からバゲージを運ぶ車を見ていたのだが、目を凝らしても私のバックはない。
気のせい、気のせい・・・

そう言い聞かせ、到着したロアノーク空港でまわるバゲージをみた。15分経過、30分経過。ついには止ってしまった。えええええぇぇ・・・
パニックになり誰に聞いていいかわからない。とりあえず泣きながら、カウンターにいたグランドスタッフに荷物がでないと伝える。「バゲージタグと乗継してきた空港の半券を見せて」とスタッフが。「とにかく安心して、まっていて。」そういって消えたのだ。結果、最初に私が乗る予定だった深夜着の便で先に荷物はこの空港へきていたのだ。以前私は、グランドホステスをしていたので記憶が蘇る。

荷物は基本的に航空会社は責任をとらない。さー・・・(-ロ-)
「ごめんなさい、チェックインした時にシアトルのスタッフが間違えたのね。あなたより先にきていたの。」そう言っていたと思うが悠長で小さくムカッとしたのを覚えてる。ロストバゲージでなかっただけ感謝しなければならない。

しかし、そのせいでバスに乗り遅れ空港内の人にたがいなるご迷惑をおかけしたことは言うまでもない。それは29歳の私を19歳と思い込んでいたからなおさらだったが。。。

それ以来、一人旅の時は極力荷物は手荷物のみとしている。
しかし、近年の航空会社は厳しい。真面目に考えると、重たい荷物が乱気流などで落ちてきたらどうする??考えただけでも恐怖である。だから無理矢理自分の上の棚に大きい荷物を入れる人を見るといつもちょっとだけ嫌な顔をしてしまうのだ。最後は客室乗務員が無理にドアを閉めてますからね。

キャセイの機内持込手荷物に関しては、

…機内持ち込み手荷物
すべてのクラスのお客様(幼児を除く)は手荷物を一つお持ちいただけます。
このお荷物は大きさが56x36x23cm以内のものとさせていただきます。
サイズは車輪、取っ手、サイドポケットを含みます。
クラスにより荷物の重量制限が異なります。
<ファーストクラス−15kg、ビジネスクラス−10kg、エコノミークラス−7kg。>

絶対に無理やんか。サイズを見て、ぜんぜんいけると思ったが先には落とし穴が。
7キロ越えない荷物ってちょっとその辺に・・・というくらいのトートバックくらいでは?
スーツケースだけでも4キロはあるだろう。既に断念と思われる。
基本的に何が多いかって、服より何より私はインスタントの日本食が凄く多いのだ。
アルファ米なんてもう手放せない。15個は持っていこうかな~なんて考えていたのに。
は~、どこの神様にお願いしておけばいいだろう。
香港のエアーだから・・・わからない(>。<)ヽ

…機内持込手荷物の他に次のものが持ち込めます。
・コート、またはショール
・小さめのハンドバッグ
・ブリーフケース(重さが4kgを超えないもの)
・ラップトップ、またはノートパソコン
 (アクセサリー、ケースを入れた重さが4kgを超えないもの)
・小型カメラ、または双眼鏡
・傘/杖/松葉杖   …以下省略

かろうじてPCは含まれない。。。
最悪のために1回分は手荷物に入れておこうか。
考え出すときりがない。
[PR]

by oltremare | 2006-03-19 22:35 | - Allora, andiamo!  

++ちょっとお気に入り++

f0000644_18284858.jpgいつもマニキュアを塗る時はつまらないが必死だ。
ベース→マニキュア×2回→トップの終わるまでに吐きそうになる。
以前にも書いたと思うが、私は匂いに敏感すぎて、自らつける香水にも酔ってしまう時がある。そんなこともあり、マニキュアは自分でうっかり密室でしてしまうと自爆。
そこで!同僚から聞いた薔薇の匂いがするマニキュアがあると聞く。アナスイのマニキュアはあの苦しみから解放してくれる。そしてその香りは爪に塗られても持続するので手から薔薇の香り♪
[PR]

by oltremare | 2006-03-19 19:06 | - あも~れ  

++彼女との運命++

昨日航空券の支払いをしに行った帰り道に、ステラプレイスの福引券があったので札幌駅方面へと向かった。今思うとなぜそんな不思議な方法でその場所へ行ったのかは不明。
JRタワー側のビルを4Fまで上ったのに、わざわざ1Fまで下りて大丸へ入り3Fまで上がって福引所まで行こうと思った。今思うとそのために通ったとしか考えられなかった。
・・・数年に一度、偶然に出会う人。

彼女とは元々同じアルバイト先で、夜が暇だったので副業をしていた仲間だった。一風かわっているところがあって、お近づきになりにくそうな感じだった。今思うと、自分がそんな感じだと思う。
かれこれ出会ってから15年はたっている。なのにお互い街中で会ってもすぐわかるほど変わっていない。3年にい一度くらいの割合で会っているだろうか?
今回とうとうすれてきた(!?)私たちは自分達の置かれてる状況をペラペラとしゃべるオバサンへと変化していた。「今どうしてるの!?」
回答にお互いが驚く。

私は会社を辞めてイタリアに一人旅に行くというのも彼女からは考えられないことらしい。
あの頃は毎日飲みに行く事が最大の楽しみだった私だからね。
そこからわかった事実だが、彼女は出会ったバイト先にくる前はドイツに2年住んでいたらしい。なにか普通の人と違うというのはそれだったのか?考え方も、自分の意見もはっきり言う聡明な子だとは思っていた。いつだって遠くを見ているような不思議な目が印象的だった。
ずっとベルリンにいたそうで(壁の崩壊見たの!っていつ行ってたの!?)、イタリアには行ってみたかったんだと、とても興味ありげに語る。

そして彼女は、現在別居中だそうだ。しかも子供は旦那側にいるため、身軽。
早くに結婚をした彼女に、家庭はにあわないと思っていたがそうなってしまったとは。。。
わりと離婚についてのショックはどう思っているのかわからないが、けろっとしたもん。

これだけ数年に一度会うのに連絡先も知らなかったため、今更メール交換をした。
そして食事を今度一緒に行こうと約束をした。
ホント女同士でなければお互い運命の人だろう。
[PR]

by oltremare | 2006-03-18 23:50 | - なんじゃそりゃ!