++地元のお酒++

f0000644_19134718.jpgCana Story」カナストーリー、本日12月10日新発売!!

以前からテレビなどで紹介をされ、自分の名前と同じ(←ここが大切)可愛らしいピンクの発泡酒が、㈱日本地麦酒工房藤女子大学のコラボで道内初認定の『恋人の聖地』で生まれました。北海道のお米、石狩産米のほしのゆめや、ピンク色を出すための石狩産しそジュースを使いとっても可愛いのですまあ、その恋人の聖地自体季節はずれは絶対に行くわけないというほどの場所なのだが、アルコールとなると是非ともいただきたい。
実は名前が一緒だけではなく、ネーミングにまつわるお話も偶然だけど知っていたから更に興味津々。イタリアで、"k"は外来語でしか使われない為に自分の名前はパスポートに関係してこない場合はイタリア語読みでcanaと書いていた。そうすると、canaとはイエスが始めて奇跡を起こした地名なんだよと言われて知ったのだった。そして、以前ルーブル美術館でモナリザの迎え側に飾られていた絵が偶然『カナの婚礼』だった…と記憶が蘇る。あれは名前ではなくて地名だったんだとは今気がついたことですが。
久しぶりのお給料が入ったら早速買ってみようっと。あと5日、むふふふ。

ネーミング…『Cana Story』の由来は聖書に出てくる『Canaの婚礼』のお話で、ガリラヤ、現在のイスラエルにあるCanaという地で、イエスキリストが婚礼に招かれたところ、祝宴用のワインが切れてしまったため、水がめの水を高級なワインに変えた事に由来し、イエスキリストが始めて奇跡を起こした事で紹介(藤女子大とピンクの発泡酒開発企画抜粋)
毎日新聞地ビール会社:ピンクの発泡酒 女子大生と開発 北海道
恋人の聖地…NPO法人地域活性化支援センターの「恋人の聖地プロジェクト」により、愛を誓い合い、ふたりのプロポーズにふさわしい観光スポット
[PR]

by oltremare | 2006-12-10 19:23 | - 北海道♡  

<< ++お久しぶりです++ ++またきたぞ!++ >>