++いいなあ++

友達が、なる、フランス文法の入門 を買った。すごい気になる。なんて素敵。
初めて生で聞いたのはボンジュール(Bonjour)で、初めてちゃんと発したのがメルシーボークー(Merci beaucoup)のフランス語。絶対にわけわからんくて覚えられないけど、フランス語って何故かうっとりする響きがある。ジュ(je)とか、モア(moi)の発音が密かにすきである。ロンドンへ留学していた友達が、「愛をささやくならフランス語(絶対に♂も含むだろうな…)だね~♡」と言っていた。だね。
それはそうと、そのような便利な本はイタリア語にはないのか?
そう思って探したが、以前友達にいただいたイタリア語動詞活用表(すんませんめったに開きません)と、単語しかない。ちっ、しゃあない。イタリア語の動詞には、以前にも話したが活用法が頭にくるほどある。全部覚えようなんて一つの単語すら絶対に無理。合計93通りもの活用形がある。暇だから書いてみよう~!

不定法…1形、☆分詞法(現在・過去)…2形、☆進行形(ジョルンディオ)…1形、☆直説法(現在・近過去・半過去・大過去・遠過去・前過去・未来・前未来の8時制)…48形、☆条件法(現在・過去の2時制)…12形、☆接続法(現在・過去・半過去・大過去の4時制)…24形、 ☆命令法(現在)…5形

よく使う7時制の部分が、助動詞+過去分詞なので楽~…なわけないっ
Avere(英語で言うhave動詞)と、Essere(英語で言うbe動詞)が主だが、せいぜい1つに24形覚えるのが限界…。イヤでも会話に潜入してくる。動詞活用表なんて本があるということは、これが一番悩ますものだから存在してるのではないかと思った。
1月に通っていたときに渡された表がこれだったんだ…と気がついたのは、イタリアに行ってから。食事中に「Hai mangiato?(食べましたか?)」そう聞かれ、何故マンジャーレ(食べるmangiare=不定法) じゃないのか??気になって聞いてみた。「Adesso(現在)…mangio,mangi,mangia,mangiamo,mangiate,mangiano」ええええっ、人称ごとにちゃうんかっ!!食べていた手が止まった。日本語は?と聞かれて「食べる…」にて終わり。
[PR]

by oltremare | 2006-11-24 03:27 | - Anche tu!  

<< ++本日の戦利品++ ++久しぶりの骨抜き♥++ >>