◇ロストバゲージの恐怖◇

いつもながらこれは毎回ドキドキする。
「いつかきっと・・・。」
そう、初めての一人旅の時ロストバゲージならぬアーリーバゲージで泣いた事がある。
宿泊地を減らすために、シアトル経由でワシントンに入るときワシントンでの宿泊を避けるため、すぐ乗り継げる便ではなくシアトルを深夜出発の便を予約した事がある。乗り継ぎのため、早くにチェックインが可能だったので入国後すぐに済ませた。
これが悪夢の始まりとなるとは。
私は身軽になって、シアトル市内へ観光。始めてのUSA一人旅を満喫 シアトルって北海道に似てるかも~なんて悠長なことをいい、夕方には空港へ戻りインターネットカフェにて友達と連絡を取り合う。まだこのときはフリーメールが日本になくてUSAYahoo!に登録したっけ。

そして私はワシントンDCへと向かった。
そこから更に、ウェストバージニア州にある空港へと乗換。
空港内のスタバで激甘のマーマレードクロワッサンとなぜかココアのミドルサイズで朝食。呑気にココアを持ちながら搭乗。機内からバゲージを運ぶ車を見ていたのだが、目を凝らしても私のバックはない。
気のせい、気のせい・・・

そう言い聞かせ、到着したロアノーク空港でまわるバゲージをみた。15分経過、30分経過。ついには止ってしまった。えええええぇぇ・・・
パニックになり誰に聞いていいかわからない。とりあえず泣きながら、カウンターにいたグランドスタッフに荷物がでないと伝える。「バゲージタグと乗継してきた空港の半券を見せて」とスタッフが。「とにかく安心して、まっていて。」そういって消えたのだ。結果、最初に私が乗る予定だった深夜着の便で先に荷物はこの空港へきていたのだ。以前私は、グランドホステスをしていたので記憶が蘇る。

荷物は基本的に航空会社は責任をとらない。さー・・・(-ロ-)
「ごめんなさい、チェックインした時にシアトルのスタッフが間違えたのね。あなたより先にきていたの。」そう言っていたと思うが悠長で小さくムカッとしたのを覚えてる。ロストバゲージでなかっただけ感謝しなければならない。

しかし、そのせいでバスに乗り遅れ空港内の人にたがいなるご迷惑をおかけしたことは言うまでもない。それは29歳の私を19歳と思い込んでいたからなおさらだったが。。。

それ以来、一人旅の時は極力荷物は手荷物のみとしている。
しかし、近年の航空会社は厳しい。真面目に考えると、重たい荷物が乱気流などで落ちてきたらどうする??考えただけでも恐怖である。だから無理矢理自分の上の棚に大きい荷物を入れる人を見るといつもちょっとだけ嫌な顔をしてしまうのだ。最後は客室乗務員が無理にドアを閉めてますからね。

キャセイの機内持込手荷物に関しては、

…機内持ち込み手荷物
すべてのクラスのお客様(幼児を除く)は手荷物を一つお持ちいただけます。
このお荷物は大きさが56x36x23cm以内のものとさせていただきます。
サイズは車輪、取っ手、サイドポケットを含みます。
クラスにより荷物の重量制限が異なります。
<ファーストクラス−15kg、ビジネスクラス−10kg、エコノミークラス−7kg。>

絶対に無理やんか。サイズを見て、ぜんぜんいけると思ったが先には落とし穴が。
7キロ越えない荷物ってちょっとその辺に・・・というくらいのトートバックくらいでは?
スーツケースだけでも4キロはあるだろう。既に断念と思われる。
基本的に何が多いかって、服より何より私はインスタントの日本食が凄く多いのだ。
アルファ米なんてもう手放せない。15個は持っていこうかな~なんて考えていたのに。
は~、どこの神様にお願いしておけばいいだろう。
香港のエアーだから・・・わからない(>。<)ヽ

…機内持込手荷物の他に次のものが持ち込めます。
・コート、またはショール
・小さめのハンドバッグ
・ブリーフケース(重さが4kgを超えないもの)
・ラップトップ、またはノートパソコン
 (アクセサリー、ケースを入れた重さが4kgを超えないもの)
・小型カメラ、または双眼鏡
・傘/杖/松葉杖   …以下省略

かろうじてPCは含まれない。。。
最悪のために1回分は手荷物に入れておこうか。
考え出すときりがない。
[PR]

by oltremare | 2006-03-19 22:35 | - Allora, andiamo!  

<< ◇今回もお世話になります◇ ++ちょっとお気に入り++ >>