++彼女との運命++

昨日航空券の支払いをしに行った帰り道に、ステラプレイスの福引券があったので札幌駅方面へと向かった。今思うとなぜそんな不思議な方法でその場所へ行ったのかは不明。
JRタワー側のビルを4Fまで上ったのに、わざわざ1Fまで下りて大丸へ入り3Fまで上がって福引所まで行こうと思った。今思うとそのために通ったとしか考えられなかった。
・・・数年に一度、偶然に出会う人。

彼女とは元々同じアルバイト先で、夜が暇だったので副業をしていた仲間だった。一風かわっているところがあって、お近づきになりにくそうな感じだった。今思うと、自分がそんな感じだと思う。
かれこれ出会ってから15年はたっている。なのにお互い街中で会ってもすぐわかるほど変わっていない。3年にい一度くらいの割合で会っているだろうか?
今回とうとうすれてきた(!?)私たちは自分達の置かれてる状況をペラペラとしゃべるオバサンへと変化していた。「今どうしてるの!?」
回答にお互いが驚く。

私は会社を辞めてイタリアに一人旅に行くというのも彼女からは考えられないことらしい。
あの頃は毎日飲みに行く事が最大の楽しみだった私だからね。
そこからわかった事実だが、彼女は出会ったバイト先にくる前はドイツに2年住んでいたらしい。なにか普通の人と違うというのはそれだったのか?考え方も、自分の意見もはっきり言う聡明な子だとは思っていた。いつだって遠くを見ているような不思議な目が印象的だった。
ずっとベルリンにいたそうで(壁の崩壊見たの!っていつ行ってたの!?)、イタリアには行ってみたかったんだと、とても興味ありげに語る。

そして彼女は、現在別居中だそうだ。しかも子供は旦那側にいるため、身軽。
早くに結婚をした彼女に、家庭はにあわないと思っていたがそうなってしまったとは。。。
わりと離婚についてのショックはどう思っているのかわからないが、けろっとしたもん。

これだけ数年に一度会うのに連絡先も知らなかったため、今更メール交換をした。
そして食事を今度一緒に行こうと約束をした。
ホント女同士でなければお互い運命の人だろう。
[PR]

by oltremare | 2006-03-18 23:50 | - なんじゃそりゃ!  

<< ++ちょっとお気に入り++ ◇待っていてね、青い海◇ >>